運行管理者を選任しましょう(一般貨物自動車運送事業)

運行管理者を選任しましょう(一般貨物自動車運送事業)

運行管理者になるにはどうしたらよいでしょうか?

貨物自動車運送事業者の運行管理者になる方法は2つあります。

 

<① 運行管理者試験に合格する>

多くの事業者様はこちらになると思います。オーソドックスなパターンです。

運行管理者はれっきとした国家資格で、運行管理者試験は、年2回、8月及び3月に実施されます。

受験資格としては

・運行の管理に関し1年以上の実務経験を有する者

・自動車事故対策機構が行う基礎講習を受講した者

のいずれかが必要です。多いのは基礎講習を受けるパターンです。

運行管理者試験に関する問い合わせは、運行管理者試験センター
基礎講習に関する問い合わせは、自動車事故対策機構

種別は貨物と旅客がありますので必ず”貨物”の方を受験してくださいね!

試験を合格したら整備課に行き、運行管理者資格者証の発行をお願いしてください。

 

<② 5年以上の実務経験及び5回以上の自動車事故対策機構講習受講>

・貨物事業者での運行の管理に関する5年以上の実務経験(許可業者の証明書)

・自動車事故対策機構が行う基礎講習及び一般講習を5年で5回以上受講すること

 ※1年で最大1回しかカウントされません。基礎講習を受けた年は一般講習はカウントされません。

この2つを証明する書類を持って整備課に行き、運行管理者資格者証の発行をお願いしてください。

 

運行管理者は何人選任すればよいのでしょうか?

運行管理者は車両の台数によって人数が変わってきます。

営業所ごとに必要です。

車両台数が0~29台の場合:1人(霊柩、一般廃棄物業は5台以上から必要)

30~59台:2人 60~89台:3人 90~119台:4人 以降、30台ごとに一人増やさないといけません。

※ここでいう台数には被牽引車(トレーラ)は含みません(エンジンがついている車両数だけを考慮します)

 

統括運行管理者とは?

ひとつの営業所に運行管理者が2人以上いるときは、「統括運行管理者」を選任しなければなりません。複数人数いることで指揮系統・責任の所在があやふやになってしまうと問題があるので、その営業所の運行管理責任者として「統括運行管理者」を選任してください。

 

選任届を整備課に提出しましょう

下記のような選任届を管轄の運輸支局の整備課に提出しましょう。

運行管理者、整備管理者選任届イメージ-1

運行管理者、整備管理者選任届イメージ-2

 →選任届の記載用書類のダウンロードはこちらをクリック

 

記載方法はとくに難しいところはありません。

添付書類として運行管理者資格者証のコピーを忘れずに添付して下さい。

(運行管理者の選任の添付書類は行管理者資格者証のコピーだけで大丈夫です)

運行管理者資格者証イメージ

 

その後

とりあえず運行管理者の選任届手続きはこれで完了です。

新規許可や営業所新設・移転の際は選任届を済まさないと事業用自動車等連絡書に輸送課は経由印を押してくれません。

 

<定期講習>

運行管理者に選任されると2年に一度、NASVA(自動車事故対策機構)の一般講習を受講しなければなりません。

日程や講座内容等の詳細についてはこちら(→NASVAホームページ)よりお問い合わせください。

 

 

 

当センターは、運送事業とそれに付随する業務以外の許可はほとんどしていません。

 

そのような知識・経験を持つ当センターと許可後も親密に付き合っていきたい!そんな風に考えていただける事業者様、ぜひ関東営業ナンバー支援センター本部にご依頼ください。

 

 

 

 

関連記事はこちら
お役立ち情報整備管理者の仕事(一般貨物自動車運送事業)
お役立ち情報第1種貨物利用運送事業の登録 おまかせください
お役立ち情報運行管理者を選任しましょう(一般貨物自動車運送事業)
お役立ち情報営業所の選び方