代替えをするメリットとデメリットは?

代替えは楽ですが

代替えは車を入れ替えるときによくディーラーさんがやりますよね。メリットとして一番大きいのはやはり、「変更届の表紙(会社の押印)が不要」ということでしょう。車検証のコピーがあればいいのですからそりゃぁ楽です。ただ、代替えをするということは連絡書が1枚で出てきてしまう、ということです。基本的には代替えは「台数が変わらない」という前提で輸送課はハンコを押してくれます。それはどういうことかというと「減車の車の車検証書換えと増車の車の車検証書換えを同時に登録窓口に提出する」ということを期待しているのです。だから、例えば増車する車はこれから横浜ナンバーを付ける、減車する車は横浜ナンバーから千葉の事業者に名義変更なので千葉ナンバーを付ける、ということになると同時に窓口には出せません。こうすると増車と減車をちゃんと変更届を出して、別々の連絡書を作成したほうがいいのです。厳密に言うと、減らす方を先にやって、その後増やす方をやるということであれば減らす方で連絡書使って、それをそのときに返却してもらって、増やす方で使う、ということもできるのですが、さきほどの場合だと千葉で使ったのをまた横浜に持って帰ってこなければならないということになります。それだときっとめんどくさいですよね。だから当センターでは、同時に窓口で登録するとき以外は極力増車減車の変更届にて連絡書を2枚だすようにしています。代替えでやるとそのようにかなり厳しい制約がついてくるので、それくらいだったら会社のハンコもらったほうが絶対に楽です。

 

※このあたり、は代替えで違う陸事や別日でやりたい、というときは必ず陸事に問合せして、「できるかどうか」確認してからにしてください!!

 

 

当センターは、運送事業とそれに付随する業務以外の許可はほとんどしていません。

 

そのような知識・経験を持つ当センターと許可後も親密に付き合っていきたい!そんな風に考えていただける事業者様、ぜひ関東営業ナンバー支援センター本部にご依頼ください。

 

 

運送事業者専門行政書士で安心!監査・巡回指導対応実績豊富!!ご依頼・ご相談はこちら

 

 

関連記事はこちら
お役立ち情報運行管理者を選任しましょう(一般貨物自動車運送事業)
お役立ち情報どういうときに監査が入るの?(一般貨物自動車運送事業)
お役立ち情報貨物利用運送事業の許可・登録
お役立ち情報事業用車両の選び方 (一般貨物自動車運送事業)